足りないお金を借りよう

MENU

おまとめローンのシミュレーション

おまとめローンのシミュレーションは、どの様に行うのが賢いのでしょうか。シミュレーションを行う場合には、金利と完済までの返済回数を知っておく必要があります。比較する企業全てについて事前に下調べを行いましょう。

 

 

シミュレーションによる評価は、完済時の総利払いにより判断します。現地点よりも利払いを減らすことが目的であるため、なるべくそれが下がる様なサービス内容を探すことになります。利払いの計算では金利利率と返済回数が大変重要です。両者そのどちらが欠けても、おまとめローンのシミュレーションが成り立たたなくなるため注意してください。

 

利率も返済回数も企業により違います。設定利率に幅がある場合には、借り入れ限度額とセットで確認する必要があります。通常借り入れ限度額が低ければその利率は高くなります。

 

返済回数も同様に企業で違っています。返済回数が多くなれば、利息計算時に必要な要素である借り入れ日数に影響が出ます。つまり返済回数が増えれば、当然利払いも増える可能性があるのです。しかし、返済回数の増幅分だけ利率が低くなれば問題ありません。おまとめローンのシミュレーションで重要なのは、利率と返済回数の両方をセットで評価することです。

しっかりとした返済計画のもとで使っていきたいおまとめローンは、低い金利のおまとめカードローンのオリックスをメインとして考えていきましょう。