足りないお金を借りよう

MENU

キャッシングだけに留まらない金利のこと

金利は様々な種類があります。基本的には金融政策に基づいて上げたり下げたりする政策金利があります。これは日本では中央銀行が日本の景気を見て、金利を決めています。普段、私たちがよく目にする金利は名目金利と呼ばれるもので、これは表面的な金利の事です。

 

例えば、定期預金金利が年1%と表示されている場合、この1%は名目上の金利となります。これに対して、実質金利とは名目金利から予想される物価上昇率を差し引いたものとなります。また、金融の世界では大きく分けると短期金利と長期金利の2つがあります。短期金利とは通常、1年以内の借り入れや運用に関する金利を指します。

 

これは日本銀行の金融政策によって金利が決まる事になります。これに対して、長期金利は通常、1年以上の借り入れや運用に関する金利を指します。

 

金融政策よりも物価や海外金利、為替などがどのように変化していくかを予想し、その結果が期待できると判断されれば利上げにつながり、逆に、予想を下回ると判断されれば金利の低下を招く仕組みになって、住宅ローン金利や長期の貸付金利などはこうした長期金利を元に決められることが多くなっています。

 

身近ではありますが、毎日の金利動向をチェックするのはとても難しい事ではありますが、大きな買い物をする際にはとても重要な事になります。

金融会社の金利は景気に左右されない

キャッシングでの貸し付け金利に関しては、一般的な銀行の預金金利とは違って景気や政策金利に左右されることはほとんどありません。
利息制限法や出資法で定められている上限金利を守った貸し付けとなり、各社とも出来るだけ高利で貸したいと考えているため、景気が良くなろうが悪くなろうが金利が下がるということはそうそう簡単には起こらないものなのです。
特に消費者金融に関しては高金利での貸し付けとなりますので、返済時の利息負担が大きくなりがちと言われていますね。

 

負担を減らす借り入れ先として評判なのが、低金利でのカードローン利用ができるオリックス銀行です。